貧血サプリ ランキング

MENU

女性特有の病気

「女性保険の女性特有の病気とは」

 

 

女性保険では、女性特有の病気を手厚く保障できるなどと説明されています。
そもそも女性特有の病気とは、どのようなものなのでしょう。

 

代表的な病気には、子宮内膜症や子宮筋腫、乳がん、卵巣のう腫、子宮頸がんなどがあります。
どんな病気でも早期発見・早期治療が一番重要ですが、女性特有の病気の多くは早い時期に発見しにくい傾向がありますので、定期検診を1年に1回程度受けることをお勧めします。

 

女性特有の病気で入院が必要になった場合、1日あたりの平均自己負担額は15,200円という調査結果があります。
早期発見することが基本ですが、このような金銭的な負担を考えると、女性保険で手厚い保障を備えておくことも検討したいところです。

 

子宮内膜症は、子宮の外で子宮の内腔をおおう膜が増加する病気です。
発症する方の約90%は、月経痛の悩みを抱えているそうです。
子宮内膜症に最もかかる年代は30代で、月経がある人の10%近くが発症している病気です。
生理痛に悩まされていて、年々悪化している方は、気をつけてみてください。

 

子宮筋腫は、こぶ(腫瘍)が子宮内外に発症する病気です。
腫瘍といっても良性なので、生命に影響はありません。
貧血、月経血が多い、つらい月経痛などの症状が現れます。
子宮筋腫の治療法は、手術やホルモン療法があります。

 

乳がんは、40代〜50代の女性が多く発症している病気です。
女性ホルモンのエストロゲンが大きく影響しており、55歳以上など閉経が遅かった方、出産を経験していない方、30歳以上で初めて出産した方などは、かかりやすい傾向にあるといわれています。

女性特有の病気関連ページ

貧血と白髪の関係
貧血サプリランキングサイト。口コミで人気の貧血予防・対策サプリメントをご紹介いたします。