貧血サプリ ランキング

MENU

貧血と肩こりの関係

昔から日本人は肩が凝りやすい人種だと言われています。
なで肩で背が低いという骨格の為、肩が凝りやすいそうです。
とは言っても、最近では海外の方でも肩こりを起こしたり、背が高くガッシリした体系の方でも肩はこるという事もわかってきています。
つまり、日本人だからと言って肩が凝りやすいというわけではないという事です。

 

肩こりの症状にはさまざまなものがあります。
ただ肩が張って痛いだけでなく、重くだるく感じるなど、症状は併発して起こる事が多く、原因としては筋肉の疲労物質がうまく排出されず、肩の部分に滞ってしまっているせいだと言われています。

 

肩や背中の筋肉が発達していて、血液やリンパの循環が良い人は肩こりはほとんどありません。
血液が酸素を運び、リンパ節からは老廃物がきちんと排出されるからです。

 

最近言われるようになったのが、貧血が原因による肩こりがあるという事です。
貧血も血の巡りが悪くなることでおこりますが、同じように冷え性や肩こりも血の巡りが悪くなって起こります。
ヘモグロビンの濃度が低下すると、体中に運ばれる酸素の量が減り、ちょっと動いただけで動悸や息切れが起こります。
また、集中力が低下したり、疲れが出やすくなったりします。

 

もちろん、デスクワークの方は1日中パソコンに向かっている為に肩こりを起こしやすいと言いますが、それもずっと同じ体制でいる為に血液がきちんと体中を循環していないせいだともいえます。
肩こりは、仕事中の姿勢や体勢によっておこるものだと思われがちですが、貧血が原因である可能性もあるという事は忘れないでください。
あまりに酷い場合は、一度内科で血液検査をしてみることをお勧めします。