貧血サプリ ランキング

MENU

貧血と白血病の関係

白血病は血液のガンと言われるとても恐ろしい病です。
ただ、白血病は白血球が原因で起こる為、赤血球が原因で起こる貧血とは特に因果関係は無いように思えます。
ところが、白血球も赤血球も同じ血液の中に存在しています。
つまり、全く無関係であるという事は考えにくいのです。

 

白血病には急性型と慢性型があります。
急性型の場合、初期の症状として貧血や歯茎や皮膚からの出血、高熱などが上げられます。
ほとんどの患者さんは当てはまりませんが、稀に再生不良性貧血が白血病に発展してしまう事もあります。

 

そもそも血液は骨髄でつくられています。
その為、白血病がわかると血液を作っている骨髄に異常がないか調べます。
骨髄でつくられている血液が正常でなければ、その血液は全身に回ってしまいます。
全身に回ってしまった血液は、貧血や出血などの症状を起こすのです。

 

急性の白血病の場合、抗がん剤を投与しながら薬も服用し、両方から治療が始まります。
もちろん、抗がん剤や薬の投与である程度症状を抑えることはできます。
ただ、血液を作り出している骨髄自体が侵されている病気なので、最終的にはドナーを見つけて骨髄移植をしなければ完治はしません。

 

次に慢性型の白血病ですが、慢性型の白血病にも骨髄性とリンパ性という2種類の白血病があります。
成人の方ですと、ほとんどの場合が慢性型の白血病です。
この白血病は、正常でない遺伝子によって引き起こされる病で、白血球はきちんと機能して異常がないのに、なぜかその数がどんどん増えていってしまうという病です。

 

症状が表れにくく、気が付いた時には白血球の数がかなり多くなってしまっているという場合がほとんどです。
この場合、インターフェロン注射や抗がん剤の投与などで治療が行われますが、こちらも最終的には骨髄移植が行われます。